RSSリンクの表示

最新記事

カテゴリ

訪問者アクセスカウンター

フリーエリア


★話題の商品★
区切り線①.gif

『海化石うなじ岩盤浴』
海化石うなじ岩盤浴
女性自身で話題沸騰!
プロのエステシャンも絶賛!
肩こり、冷え性、不定愁訴でお悩みの方
お腹の部分ダイエット
ご両親へプレゼントにも選ばれています

区切り線①.gif

『万田酵素のお試し情報』

一流芸能人が選ぶ人気NO.1酵素
酵素食品のパイオニア。トップシェア商品
赤ちゃん~年配の方まで愛されています
キャンペーン価格1050円今すぐお試し

区切り線①.gif

『加齢臭対策石鹸』

加齢臭94%消臭!
無香料、無着色、無鉱物油
21種の美容成分!

区切り線①.gif

『世界一の梅干し』

TVレディス4で世界一の梅干しと評価
甘くておいしい最高級紀州南高梅
今なら、初回限定のお試し価格で!

区切り線①.gif

『わさび-196度特許製法』

国産本わさび100%
香料、保存料完全無添加
通販限定紹介

区切り線①.gif

『料亭の味:和風だしの素』

昆布・鰹節・飛魚・鰯のだし
モンドセレクション金賞受賞品
お試し280円送料込み!

区切り線①.gif

リンク

FC2ブックマーク

ランキング応援ボタン

人気ブログランキングへ ポチっと1票

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気を付けたい食品添加物 防カビ剤


食品添加物毒性辞典より特に気を付けたい添加物を記載します。
今回は『防カビ剤』です。

区切り線?.gif

■OPP(オルトフェニルフェノール)

使用される食品:柑橘類(グレープフルーツ・オレンジ・レモンなど)
1955年に農薬として登録されましたが1962年に登録解除されたのにも関わらず、1977年にはなんと食品添加物に登録されました。

それには理由がありアメリカからOPP付きのグレープフルーツを取らなければ自動車や電化製品を取らないぞという貿易摩擦が絡んだので止むを得ず認可したそうです。当時は誰も知らないOPPをあたかも価値あるものと宣伝し『安心安全!グレープフルーOPP処理済み』といったようなキャッチフレーズで八百屋を賑わせたからとんでもない話(実話)です。


● OPPの毒性実験
東京都立衛生研究所の独自の毒性実験が行われ
OPPを1.25%含む飼料をラットに食べさせて観察すると、なんと!
83%に膀胱ガンが多発したことが分かりました。

このことを厚生労働省に報告しましたが、政治の力が働き危険という結果が出ているにもかかわらず国立衛生試験所の臨床では問題なかったとしてOPPの禁止をしないまま、今現在も使用されているのが現状です。
最近ではOPPは環境ホルモンの悪影響を起こすのではないかと研究されています。

区切り線?.gif

■TBZ(チアンベンダゾール)
使用される食品:柑橘類(グレープフルーツ・オレンジ・レモンなど)、バナナ
国内では1972年に農薬として登録され1978年には食品添加物として登録されました。OPP同様アメリカの圧力によって添加物認可を強引に認可したのがTBZです。

● TBZの毒性実験
ヤギと羊に体重1kg当たり、0.4gを経口投与したところその半数が死亡

犬に対して2年間毎日投与したところ、6匹のうち2匹が死亡し、肝臓に異常が見られた。

東京都立衛生研究所では、マウスに対して体重1kg当たり0.7~2.4gのTBZを毎日経口投与したところ、おなかの子供に外表奇形骨格異常が現れた。

以上のように100%安全と言い切れない農薬TBZを今現在も食品に添加しているのが現状で、アメリカとの貿易を続ける為に車と電化製品と国民の健康をアメリカに売ったといっても過言ではありません。

区切り線?.gif

■ジフェニル
使用される食品:柑橘類(グレープフルーツ・オレンジ・レモンなど)
同じく防カビ剤ですが、直接果皮に塗ることは禁止されていて穴の開いたクラフト紙にジフェニルを染み込ませて果物の入った箱の中に1~2枚入れるといった利用法です。一部の生協でも使われるほどの利用頻度の高い防カビ剤です。

● ジフェニルの毒性実験
ラットに対してジフェニルを0.25%投与。60週頃から血尿が出始め、死亡する例も多く見られた。解剖して調べたところ、腎臓や膀胱に結石ができた為に血尿になったことが分かった。また、膀胱ガン、肝臓ガンが発生することも確認されている。

区切り線?.gif

■イマザリル
使用される食品:柑橘類(グレープフルーツ・オレンジ・レモンなど)、バナナ
1992年食品添加物に認定。
認定される以前にアメリカから輸入されたレモンにイマザリルが検出され当時は食品衛生法違反の疑いが発生したため厚生労働省は早急に食品添加物としてイマザリルを許可したという。

急性毒性が強く劇物クラスと言われているのがイマザリルで発癌性も確認されている。

区切り線?.gif

■国は経済の為に国民の健康を売り経済も悪化させた!
ご覧いただいたように私達に最も身近な果物にも農薬、添加物が利用されています。逆に利用しなければとても日持ちがしませんので海外からの輸入品はほぼ間違いなく施されています。

こういった危険性が疑われているものを毎日食べたら、ガンになったって『当たり前』のように思えます。しかし、ガンになった時にはこれらの業者を訴える事なんてできません。どこに悔しさをぶつけていいのやら結局自業自得となってしまいます。

国は貿易で潤う為に車、電化製品を出す代わりにグレープフルーツ、イチゴ、レモン、オレンジなどさまざまな農薬付き果物を輸入せざる得ません。

つまり、国の経済の為に国民の健康を売ったのです!しかも経済まで悪化させた政治の責任は重いと思います。

最近異常なほどに奇形出産が増加しています。以前戦争に使われた『枯れ葉剤ダイオキシン』で汚染された妊婦に奇形出産が多発しました。マスコミで有名になったベトちゃんドクちゃんもその犠牲者です。一気に毒物を吸収してしまうと人体にも異常が発生しやすいのですが、私達は『一気』ではなくても『徐々』にそういった毒物を体内に入れて生活しています。ここが大きな落とし穴で徐々に摂ってしまうと身体の変化に気付きにくいのです。

この落とし穴のせいでガンや肝機能障害などの生活習慣病が増加してしまっていると思われます。

自分の身体は誰も守ってくれません。

病気をしても誰も治してはくれません。治すのは自分の自然治癒力だけです。

自分の身体は過去に食べた食べ物で形成されます。

自分の身体から生まれる子供は自分の選んだ食べ物で運命が変わります。

数年、数十年かけて作った病気を数ヶ月で治すことがそもそも不可能と思ったほうが良い。ガンや肝臓障害などがそれを物語っています。

よく病気を治そうと健康商品を選ばれますが健康食品で病気が治るとは思いません(しかし、稀に治ってしまう人はいると思います)。健康食品は病気にならない為の補助なので健康な時に食べるものと考えます。

大病は今から始まっていると思ったほうが後で得をします。

治療は今から始まっていると思えば食べ物の重要性が理解できます。

今回の添加物も毎日摂っていたら、蓄積し数年後に辛い思いをしなければならなくなる人も必ず出てきてしまいます。泥棒に入られないようにセコムをするのと同じで病魔に侵入されないように身体もセコムしませんか?

区切り線?.gif
          病は食からTOPへリンク.gif

<< トップページ | ホーム | うつ病は脳の病気?性格も感情も脳が支配する。 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。